ダイヤモンド買取を利用する方法

自宅に使っていないダイヤモンドのアクセサリーがあるという場合には、宝石買取店を利用します。

アクセサリー類には、宝石の他にも台座となる貴金属がついているものですが、貴金属買取も行っている店舗であれば金やプラチナなどの貴金属部分も一緒に買い取ってもらうことができます。
ダイヤモンド買取専門店は、商品を店舗に持参するとその場で専門の鑑定士によって鑑定が行われます。

購入した時についていた鑑定書や鑑別書があれば一緒に持参するといいでしょう。

店舗内で待っていれば査定額を提示してもらえ、金額に同意をすれば買取成立となって現金払いをしてもらえます。

この際に、同意書のサインや身分証明書の提示が必要になるので、免許証などの身分が分かるものを必ず持参するようにします。
自宅の近くに買取店がないという場合には、店舗によっては宅配でも利用ができます。

また、たくさんある場合や高額になるので持ち歩きに不安という場合には、出張サービスが行われている店舗もあります。

ダイヤモンド買取の査定基準とは?

ダイヤモンド買取では、鑑定書の評価をもとに査定額が提示されますが、鑑定書がなくても店舗にいる鑑定士にみてもらうことができます。
鑑定書には4Cと呼ばれる評価が記入されており、世界基準ともなっている鑑定評価です。

4つの項目のそれぞれに評価が付けられており、重さを表すカラット、くすみのない透明感を表すカラー、内包物や傷の位置や数によるクラリティ、研磨の腕が評価されるカットにおいての評価になります。

ダイヤモンドはさまざまな形で作られていますが、カット評価はラウンドブリリアンカットが施された場合にのみつけられています。
ダイヤモンド買取では、同じ鑑定書であっても店舗によって査定額が違ってくるということもあります。

査定や買取手数料などは無料で行われているために人件費などの経費は査定額の中にも入っているものであり、店舗間によっても経費計上方法は違ってきます。

より高く買ってもらうためには、いくつかの店舗に査定を出して相場を把握しておくのもいい方法です。

 
ダイヤモンド買取業者に必要な知識

ダイヤモンド買取業者に必要な知識としては、まず、ダイヤモンドの4Cの理解をあげることができます。

4Cは世界の大手ダイヤモンド会社や国内においても多くの買取業者が取引を行う上の指標としており、ここでの内容に関しては、最初に覚える必要があります。
4Cはカラット、カラー、クラリティ、カットの頭文字を取っており、グレーティングシートには必ず、ここでの内容が記載されます。
まず、カラットは重さを表しており、1Cは0.2グラムとなります。

基本的には大きなものの方が高い価値があり、通常はリングの内側などに小さく記載がなされています。

カラーに関しては、DからZまでの表示がなされており、DEFGの無色が価値が高くなります。

但し、ダイヤモンドでは、稀にカラー物として強いカラーの物があり、この場合には別な指標が用いられることになり、場合によっては非常に高額な取引が行われます。
クラリティは不純物の含有度を表し、キズや不純物が少ないものほど高い値段が付くことになります。

カットに関しては唯一人の手が入る要素となり、ここではダイヤモンドが最大限に輝くカットに高い値段が付き、鑑定書ではカットの総合評価に記載されます。

 
ダイヤモンド買取業者で買い取れないダイヤとは?

ダイヤモンド買取では、原石のままであっても指輪やネックレスなどのアクセサリー類に加工されたものでも取り扱いがされています。

指輪の場合には裏側にイニシャルなどの刻印が入っているということもよくあることであり、また鑑定書や鑑別所をなくしてしまったという場合であっても買取は行われていますが、全てのダイヤモンドが買取可能というわけでもありません。
ダイヤモンドの価値は、4Cと呼ばれる国際基準による鑑定書がつけられています。

4Cというのは、重さを表すカラット、透明度を表すクラリティ、研磨技術を表すカット、色を示すカラーの4つの頭文字のCを取って呼ばれるものですが、各評価で基準より低いものがあれば買取が不可能なケースもあります。

また、メレダイヤやルースなど0.2カラット以下の小さなものになればたくさんあっても取り扱っていないという店舗もあります。

査定は無料で行われているので、買取可能かどうかだけでも見てもらうことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>