ショパールの成り立ちと作品のコンセプト

ショパールは、世界的に有名な時計のメーカーです。

1860年には、小さな村でショパールの前身とも言える小さな工房がルイ・ユリスという若くて腕の良い時計職人の手により設立されます。
1921年には、時計職人の息子により別の土地に支店を開設するのですが、1937年には活動の拠点を大都市ジュネーブに移設されるのです。
1943年になると、ルイ・ユリスの孫にあたるポール・アンドレが事業を引き継ぐのですが、彼の息子たちは後継者にることを拒みます。
ショパールの培ってきた技術を継承し事業を買い取ったのは、ドイツで時計と宝飾品を製造販売していたカール・ショイフレという男性だったのです。
カール・ショイフレとショイフレ家の人々の努力と研鑽が素晴らしかった経緯が、現在のショパールの名声を築いたといっても過言ではないです。
特に有名なのは、ダイヤモンドをあしらった腕時計ですが、他にも指輪、万年筆などの特別な日のためのギフトに相応しいゴージャスな品物があります。
コンセプトは、高貴で洗練され、彫刻的であるインペリアーレコレクションなどは、女性的でありながら気品と優雅さを失うことなく力強さを具現化しているシリーズです。
全ての女性の憧れであり、まさに至宝の芸術品でもありますのでコチラコチラなどオススメの買取業者などを活用することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>