ルビーの産出国

宝石と言えばルビーが思いつく方も多いですよね。

ルビーの輝いてキラキラしている印象的な赤色は古代からも元気をもらえる象徴として、人々に愛されてきました。

また、古代では赤色をしている宝石をルビーと名付けていたそうで、今のような細かい名称はなかったそうです。

ですので、ガーネットなどの言葉は最近出てきた単語ということでしょう。

またルビーの有名な産地にも変化がありまして、今まではミャンマーのルビーは品質もよく申し分がなかったということで、世界中から支持を受けていたのですが、今では鉱山の国営化によって産出量は激減してしまいました。

その影響で産出国として1位だったミャンマーはタイに産出国1位の座を譲ってしまったのです。

タイのルビーはミャンマーとまた違ったルビーですので、産出量や、品質の点から価格はミャンマーのルビーに比べて高くありません。

ですので、市場には多くのタイ産のルビーがありますので、ぜひ気になる方は宝石店をご覧ください。

今では販売の他にも買取を行っている宝石店が沢山ありますので、種類も豊富に扱っているお店であったり、今ではあまり見かけない珍しいデザインで、ルビーを使った宝石もあったりしますので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

上記でも書いたように、赤という色は元気を与えてくれる色とされていますので、元気をもらいたい方は1つ小さなものからでも見に付けてみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>