宝石珊瑚とは

今日では、宝石の買取をおこなっているお店もとても増えてきましたよね。

例えば珊瑚買取翡翠買取など。

増えてきたおかげで、入りやすいお店も沢山ありますし、店舗によっては宝石をお得に購入出来ることもありますよね。

そこで気になっていたのが、珊瑚なのですが、その珊瑚について調べてみますと様々な事が分かってきました。

珊瑚にも沢山の種類があるそうでして、そもそもサンゴとは腔腸動物という種類の動物だそうで、主に炭酸カルシウムを主成分とした群体の総称だそうです。

宝石としての珊瑚の種類には六放珊瑚と言うサンゴ虫の触手部分が6本かもしくは、その倍数に分かれていく事で、サンゴ礁作っていくサンゴの事です。

仲間としましては、テーブルサンゴ、すり鉢サンゴ、石サンゴなどその種類は数百種類までもあり、身近に聞いた事のあるものとしましては、イソギンチャク類が含まれています。

また、骨格には小さな穴が開いた軽石状ですのでとてもこわれやすい種類でもありまして、宝飾品には適していないようです。

もう一つが八放珊瑚と呼ばれているものなのですが、こちらの珊瑚は主に深い海に生息している硬質のサンゴでして、宝石珊瑚の種類たちはここに含まれているそうです。

宝石珊瑚が属している八放珊瑚は、触手が8本に分かれているのが特徴でして、多くは太陽の光が届かないような、海の深い場所で生息しています。

成長はとてもゆっくりで、磨いてあげる事で美しい光沢を放ってくれるのが特徴だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>