goro’s(ゴローズ)の合わせ方

goro’s(ゴローズ)というアクセサリーショップを知っていますか。

インディアンジュエリーであったり、レザークラフトが好きな方々には伝説的なデザイナーによるショップとして名前を知らない人はいらっしゃらないですよね。

goro’s(ゴローズ)の創設は高橋吾朗氏によって1971年に作られました。

幼少期からのモノ作り好きが高じて、レザーやウエスタンベルト、ガンベルトを作っている時に、銀細工のやり方を知っている方と触れ合う機会があり、そこでシルバーアクセサリーに目覚めることとなりました。

27歳の時に青山にてgoro’s(ゴローズ)をオープンさせた後に、アメリカに渡ってネイティブインディアンによって本場の彫金を学びました。

帰国後は、移転させて現在の原宿表参道にてシルバーアクセサリーのショップをオープンさせました。

そこで、世界で二つとない、たった一つの手作りシルバーアクセサリーを販売して人気を生むこととなりました。

多くの方が虜となっているgoro’s(ゴローズ)のシルバーアクセサリーは女性にも男性にも愛用者がいますので、どちらの方も使い易いということも人気の一つかもしれません。

女性でしたら、赤色のビーズをつかった可愛らしい感じのネックレスや、イーグルの刻印がされた小ぶりのネックレスなどもありますので、そういったデザインもシンプルに使えると思いますし、大きいフェザーのモチーフやイーグルの大ぶりのものを、シンプルなシャツに合わせてもカッコいい女子としても着こなせると思います。

ゴローズの買取ならコチラのブランド古着店がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>