エルメスから学ぶホスピタリティー精神

エルメスといえば、世界最高峰のクオリティーを誇るブランドです。

最も有名なのは、ケリーバッグやバーキンといった バッグ、革製品ですが
他の製品も どれも妥協を許さない 高品質なものばかりです。

ヴィトン買取専門店【http://brand-star.info/lv/】に負けず劣らずの勢いでケリー買取専門店【http://brand-star.info/kelly/】やバーキン買取専門店【http://brand-star.info/birkin/】なども注目度が高まってきています。

エルメスは1837年にフランスで設立されたブランドです。
設立当初は馬具工房として、当時では移動やレジャーなど あらゆる面で馬や馬車などがメインだった時代に
最高の馬具を造っていたことから その顧客リストにはナポレオン3世やロシア皇帝の名があります。

どの時代も、ブランド、メーカー、企業は消費者や利用者の需要や期待に応えることが求められています。
最近では ホスピタリティーという言葉も どのジャンルのビジネスにも必要という認識は定着しました。
良い物をつくる。 いいサービスを提供する。
というのは ホスピタリティーの基本ですが、一回りも二回りも 利用者の想像をこえることこそが
本来のホスピタリティーです。

エルメスは このホスピタリティーの面で 設立当初から常に先へ、上へいっていました。

例えば、エルメスのロゴから学ぶホスピタリティーの精神があります。
エルメスのロゴには 馬車と、その馬車を先導する従者が描かれています。
しかし 馬車には誰も乗っていません。
このロゴに込められた意は、エルメスいわく
「エルメスは最高級の製品を提供します。それを堪能していただくのは お客様です」

1800年代で すでにエルメスはホスピタリティーの精神を確立していました。
一流のブランドや企業は そこに優れています。
エルメスから学べる精神のひとつではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>